欲しいデータだけをピンポイントでぶっこ抜く

一般的なデータファイルが、いわばテーブル構造になっているのはご存知の通り。
その中の任意の位置のデータが欲しい場合が度々あるが、普通の流れだと、

ファイルを開く > 配列に格納 > 繰り返し処理 > データ分割 > 条件指定 > うんちゃらかんちゃら

と非常にまどろっこしいので、簡略化した方法を利用する。

5 2010/11/10 アジ 刺身
4 2010/11/09 サバ 味噌煮
3 2010/11/08 アナゴ 蒲焼き
2 2010/11/07 カレイ 煮付け
1 2010/11/06 アリゲーターガー 姿焼き

上記の構造のデータで、区切り文字が「<>」の場合に、「カレイ」を取得したいとする。
「カレイ」が格納される変数を $fish とすると、
open(IN,"Datafile's Path");
 @data = <IN>; close(IN);
 $fish = (split "<>",$data[3])[2];
とすれば、ホイホイ取得できる。

2017/11/15(水)
ナンヨウカイワリ釣れました(63センチ・4キロ超)
2017/11/09(木)
キングボンビーに憑かれるorz
2017/11/05(日)
スカ!
Keyword : 2次元配列,データ取得

CopyRight 2004 - 2017 © Nap.st all right reserved.