トッケイを捕獲するでござる

東南アジアの田舎にはヤモリが多い。
いや、田舎に限らず、とにかく街灯などがあれば、寄ってくる虫を狙って数匹はチョロチョロしているのが普通だ。
どこからともなく家の中にも入って来て、結構普通に壁や天井を這っている。
彼らの体長は、アタマから尻尾の先までせいぜい10センチ程度で、糞も米粒程度で匂いも特に無く、別に部屋の中に数匹いたとしても気になる存在ではないし、むしろ同居者として親しみさえ感じている・・・まあ人によるんだろうけど。

がしかし、「トッケイ」は違う。
・・・って、そもそも「トッケイ」というのをご存知だろうか。
爬虫類好きな人なら知っているだろうが、まあなんというかヤモリちゃんの一種なのだが、何が違うって、まず大きさが違う。

まず普通のヤモリちゃんを想像してもらって、全てのパーツを縦横比をそのままに、体長を30センチ+まで大型化。
次に体色を茶褐色にして、そこにオレンジとモスグリーンの斑点を散らし、ついでに大き目の目玉は猫目。

そして「トッケイ、トッケイ、トッケイ・・・」とかなりのボリュームの声で鳴く。名前の由来である。
ちなみに学名は「Gekko gecko」で、これも鳴き声が由来。大事なので2回言ったわけではない。

 
で、こんな具合で、振り返ると壁や柱に張り付いていたりする。キュート。
参考までに、手前で見上げている娘はこの時5歳。それでなんとなく大きさは掴めますかね?

ちなみにトッケイは、フラッシュ焚いて写真撮ると、ほぼ必ず目が光って写る。

さて、寄ってみましょうか。
 

さあどうよ?素敵だろう?

こんなのが家に何匹もいるわけだ。
主に夜に活動し、主食は大き目の虫やヤモリ等。小さなヘビ、ネズミ等も襲う。
体がでかいぶん糞の大きさも相応で、さすがに少し臭う。
なので、見つけるとなるべく捕まえて、家から追い出す、というか捨ててくるわけだ。(殺生はしない)
 
壁や天井を走って逃げるのだが、これがまたなかなか素早い。
しかもでかいので、木の壁を走るとしっかり足音までする。

隙間に逃げ込まれないように追い詰め、捕獲。
 
性質はとにかく凶暴。
爬虫類好きの間でも、気の荒さで知られているファイターである。

噛む力が強く、噛まれると無傷では済まないので、軍手は2枚重ね。
 
突付くと噛み付く。なかなか離さない。
ダブル軍手でもそれなりに痛いので、素手では噛まれたくないものだが、こうして強引にとっ捕まえたり、追い詰めでもしない限りはただ逃げるだけなので、別に危険な生き物ではない。

 

捕まったトッケイ君の様子

放っておくと、どうやら数匹は住み着くようだ。
我が家では誰も怖がらない上に、鳴き声も風流程度にしか感じないのだが、糞がなあ・・・。
それに、放っておいて繁殖されるとさすがに参るので、度々捕獲する・・・というか、狙って必ず捕まえられるわけではないので、結局毎晩のように、寝る前に網を持って捕獲に勤しんでいる。

そうそう。
このトッケイだが、食べるとそれなりに旨いらしい。
 

2010/07/10

2018/04/23(月)
久々にイカGET
2018/04/22(日)
釣らずに大物GET!
2018/04/13(金)
魚っ気はあるんだがなー
Keyword : トッケイヤモリ,Gekko gecko,トッケイ

CopyRight 2004 - 2018 © Nap.st all right reserved.