願望と現実

ここしばらくの間に、原発周辺地域の人達が、かなりの体内被曝をしているという検査の結果が記事になりました。
なんでも、衝撃が広まっているそうです。

ええと・・・これで衝撃受けている人達って、大丈夫な人達なんでしょうか、真剣に呆れてるんですが。
だって、あまりにも明らかじゃないですか、被爆しているのは。
これで衝撃受けている人がいることに、私が衝撃を受けてますよ、そういう人達って、願望と現実の違いも判らない人達なんでしょうか。

周辺に留まっている人達も、その程度のリスクは承知の上で留まっていたんだと思いますが、もしかして違ったんでしょうか。
だとしたら、何という認識の甘さなんでしょうか・・・理解できません。する必要も無さそうですが。

ちょっと聞いてみたいですが・・・とりあえずまあ、仮定として。
癌とかになって苦しみたいんですか。死にたいんですか。家族がどうなってもいいんですか。
もしかして、命をも賭する程のマゾですか? まあそこまでいくと一周してちょっとかっこいいかもですが。


はっきり書きますが、まあ多くの日本人、認識が甘過ぎです。
これからどうなりそうなのか、解ってないんでしょうか・・・いえ、解っていない人、多いんでしょうね、夏に放射性物質を避けて北海道に逃げる人とかいるらしいですから。
真剣に北海道が安全だと思っているならどうかしてます、勘違いも甚だしいですよ。


先日ですね、日本の広範囲の浄水場や下水処理場で、高濃度の放射性物質が検出されたと記事になっていました。
なにしろ放射性物質ですからね、各自治体は非常に処理に困っているようですが、思いっ切り北海道も含まれていました、まあ晴れた日の空が青いのと同レベルで当たり前なんですが。

元記事 : http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110624/dms1106241636025-n1.htm
元記事消えてたらこっち : 魚拓


なぜ当たり前なのかというとですね、まずこれをみて下さい。
http://www.dwd.de/wundk/spezial/Sonderbericht_loop.gif

できれば、しばらくの間、毎日見るといいと思います。
そうすると解ると思いますが、北海道・東北・関東・北陸、安全なところなんて無いんです。
あなたが札幌やら釧路、新潟等にお住まいでも、風向き次第で濃厚な放射性物質に曝されていますよ。
ちょっと風が西に向くと、2番目に濃い色の帯が、富山やら稚内どころか、沿海州から樺太までを覆ったりしています、もしかして知りませんでしたか?
こうしたデータは、事故の結構すぐ後から公表されています、まあ日本国内の機関のものは見る価値も無さそうですので見ていませんが。(上記の予測データはドイツのもの)

こうしたことを知っていれば、北海道なら安全だなんて明後日な考え、出て来るはずがありませんし、前述のように、広範囲で水源が汚染されているのも当たり前なわけです。
Index 1 2 3 4 5 6 7 8